忍者ブログ

アポロンの呪い

カサンドラ症候群になってしまったみたいです。

entry_top_w.png



さて、毒ばっかり吐いてても状況は進展しないし(カサンドラはだいぶ落ち着きましたが)
アスペルガー症候群当事者の方も読んくださってるので

私がアスペの夫に“こうして欲しい”事をまとめてみようかと思います。


☆自分がしてほしくない事は私にするな。



……あれ? (丿 ̄ο ̄)丿?


もっと項目があると思ったんですが、色々スポイルしてったらこれだけに。

他のカサンドラの方々はもっと

“ちゃんと会話がしたい”
とか
“空気読め”
とか
色々あるんでしょうが。

私の場合、会話って云うのは無ければ無いでいいです。

まあ理想が
心地良い沈黙なんで。

機嫌は二人とも良い。
だからとりたてて話は無い。
みたいな。

若い頃は
“私の話を聞いて聞いて~”
みたいな欲求がありましたよ、私も一応女性ですし、女性っていうのは
お喋りしないと死ぬ生き物と思って頂いても過言ではないですから。

でも数年、ブログだのツィッターだのネット小説だのやってたら
家で話さなくても気が済むようになってきたし、ネットだと、取り合えず
私の話に興味無い人は来ない。
来たとしても一度きりで後は来ないでしょうし。

気軽に書きたい事がこのように書ける訳ですから、実際に会話するよりも気楽ってもんです。

ただ、自覚の無いアスペだと私がこのように自分の気持ちに折り合いを付けてても


「なんで会話無いの? 異常だろ?それ」

と、云ってくる訳ですよ。

「いや、異常なのはアンタだ」
ってのは置いといて。

ここで先程青文字で書いた事の真意が出てくる訳ですよ。

アスペの人は
自分の話を否定しないで聞いて欲しい。
自分の興味無い話題なんかしたくない。


訳ですよ。

がしかし、こっちは

こっちの話はことごとく否定される。

興味の無い話題は変えられるか無視される。


訳です。

あーもー会話なんてめんどくせ。

ってなる。


だから私の云いたいのは

私はアンタに話を聞いて貰う事を諦めたから、アンタも諦めて頂戴。

って事なんです。

それが厭なら

アンタの話は興味無いけど私は聞いてやってる。だからアンタも私の話を聞いてよ。

て事です。



これを読んでるアスペの皆さん、一度でいいから貴方のパートナーの話を
否定せずに、話に割り込まずに、最後まで

聞いてやってみてください。

それを
どんなに時間がかかってもいいから理解してやってください。

ぶっちゃけ
晩に聞いた話を
翌朝になって理解する。でもいいです。
去年聞いた話を今年理解するでもいいです。




今の状況よりは100万倍マシなハズです。


その話が例え

「隣のオバさん、つけ睫毛鼻の下に付けてんのwwおっかしーよねww」

と云うような
貴方にとってはクダラネー話であっても。

( ̄▽ ̄;)

会話って、そーゆーもんです。

( ̄▽ ̄;)



























にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[5回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png



アダルトチルドレンって、親が不仲とか家庭内暴力とか余程特殊な家庭環境で育った人がなるものだと思っていたんですが、ごく普通の家庭で育った人の方がなりやすいらしいですね。

まあ、つまり

親に誉められたい!
家族に心配かけたくない!


と云う一見ごく普通の気持ちがアダルトチルドレンを形成するのだと云う事で。

いやいや、
家庭環境が特殊でも
普通でもなってしまうと云う事は

世の中アダルトチルドレンだらけじゃないですか。


そういった意味では私も典型的なアダルトチルドレンらしいです。


云われてみれば子供の頃から

必要以上に人の顔色を伺っていました。

親でも友達でも上司でも、険しい顔していると、

“なんかこの人は私の事を怒っているんじゃないだろうか?”

と、ビクビクしたものです。

人と談笑している時に相手がちょっとでも詰まらなそうな顔をすると

“え? 私の話ってそんなに面白くない?”

と、ズーンと落ち込んでしまったり。


そんなこんななので実は真逆の特性を持っているアスペがうらやましい面もあるんですよね。

人の顔色や気持ちを気にしなくていいなんて
なんて楽な生き方なんでしょう。

考えて見てくださいカサンドラの皆様。

上司が怒りに震えているのに、自分の云いたい事を洗いざらいぶちまけ

友人が傷ついて泣きそうになっているのに尚も不謹慎な言葉を羅列する

バスや電車で隣の席の人が蒼白の顔に脂汗を流し、苦しそうに胸をかきむしってるのに自分はこれから行く目的地の事しか考えない。


誰かから

「アナタ、変だよ」

と云われるまでそれが普通の事と信じて疑わない。


もし何かあっても


「アスペだから仕方が無い」で済まされる。



いやー、本当に楽ですよ。うらやましい。

私もアスペに産まれて来たかったですよ。












いえ、単なる
嫌味ですけど。

















にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[8回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png



アスペの人が何を考えて何をどう感じているのか知りたくて

色々調べてみました。


アスペの人が書いたブログをいくつか読むと


子供の頃から周りの人に突然怒られたりするのは何故なんだろう?と思っていた。


いくら説明されても理解出来ない事が多々あった。


アスペと診断されて却ってほっとした。


などと書かれている事が多くて
アスペルガーの人本人も
“自分は普通の人と違う”という違和感に気付いて悩んで居たんだな、と云うことが伺えます。

③に関しては
“違和感の正体”が解って安心したと云うことなんでしょう。

アスペルガーは後天性の精神的疾患とは違い先天性の
脳の障害なので完治はしないとの事ですが、普通の人との付き合い方のようなものをトレーニングなどで改善する事が出来るのではないでしょうか?


ただ、こう云ったブログ等を書いているアスペの方々は
自分がアスペルガー症候群であることを自覚し、症状を軽減又は改善したいと願っている人です。

ウチの夫のように
自覚の無いアスペは改善の余地がありません。

しかも何故か
俺様主義なので
①の項目に関しては疑問を持ったり悩んだりするなんて事は無く

「(怒ってる人が)キ○ガイなんだろー?」
と思っているらしいし


②に関しては

「説明の仕方が悪い。それにこんな事覚える必要は全く無い!」

と、それが普通の人なら誰でも知っている事でも覚える気はありません。


③のように専門の医師から診断が下されるような事があれば

「俺がオカシイって何だよソレ?」

と、錯乱&暴れる
で手の付けられない状況になるでしょう。

只でさえ精神的疾患に理解や知識が無く、それに関する医療機関も皆無に近い土地柄です。
本人が
アスペだと解ってもどうする事も出来ません。

知らないままが本人の為になる。
けど

私が辛い



もし夫が
医師に正式にアスペルガー症候群の診断を下された自覚のあるアスペ

結婚前に

「そんな訳で俺は普通の人と違うらしいから辛い思いをさせてしまうかも知れないけど決して嫌ってる訳じゃないから」

などと一言あれば私も少し気分的に楽だったんではないかと思うんですが、


もし、上記の青文字の部分を今更云われても











「シね (怒)」



と返したくなるほど追い詰められてます。










にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[16回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png



今日は未婚の娘さん達に向けてコラム的なものを書いてみましょうかね。


もし、結婚相手がアスペルガー症候群だったら、このオバチャンみたいになっちゃうんだ。厭ああ!

てな感じに思っている訳でしょうし


だってさ、きっと付き合ってた頃はハゲさんもマトモに見えたのよ。じゃなかったら結婚なんてしない訳だし、アスペルガーがどうかを見抜くのは難しいのかもしれない。どうしよう……

とも思っている筈です。


②に関しちゃごもっともだと思うですが、

有ったんですよ、アスペの片鱗みたいなのが。



まあつまり、少しぐらいオカシなところがあったって

“あばたもえくぼ”といいますか
“♪育って来た環境が違うからすれ違いは否めない♪”なんて歌もありますし、

「私にだって短所はいっぱいあるんだし、それくらい我慢しなくっちゃ♪」

と、思ってしまうんですよね。

あまつさえ

「彼ってそんな、天然で不器用なところがイイのよね♪」

なんて思ってしまう
おめでたい思考の持ち主も居らっしゃる事でしょう。

……いや、私がそうでしたが。



例えば
自分の話をし出すと止まらないとか
微妙に会話や考え方が噛み合っていないとか

自分の予定や気持ちは大事にする癖にこっちの事は考えてくれないとか

あと、衝撃的だったのが


約束した筈のない事が約束したことになってた

とか


私の居ないところで私がらみの事(結婚の事とか)勝手にどんどん進めてしまう

とか


思い返せばかなり

そりゃオカシイだろー!?的な事があった訳です。


その頃はアスペルガー症候群なんて言葉も、あったんでしょうがそんなに知られていなかった。
と、云うのを差し引いても


そりゃオカシイだろー!?



とにかく常識的に考えて

オカシイ事があったら、
結婚前にその事をとことん話し合ってみて

話し合いにならない様なら
間違いなくアスペですので

それでも結婚したいと思うならメンタル系の病院を受診させるなりして
アスペだと自覚してもらわないと。


後々辛いのは貴女です。


さらに恐ろしい事には

アスペルガーって遺伝する可能性が高いので
彼氏がアスペルガーなら
彼の両親のどちらかがアスペルガーという可能性も考慮しておいたら方が良いです。

只でさえ大変な嫁姑の関係がその数百倍こじれる事は必至。

さらに
……と云う事は

生まれてくる子供にもアスペが遺伝する可能性が高いって事です。

既に大人になっちゃってる彼や彼の親は
アスペだろうがなんだろうがうまいことその歳まで人生を乗りきってきたんだから知ったこっちゃねえですけど、

自分の子供がアスペになるかもしれない。


さあ、
それでも


彼、アスペかもしれないけど愛があるから大丈夫!何いってんのよこのオバチャン!

なんて思っている娘さんへ一言。












カサンドラ症候群の世界にようこそ。
















にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[11回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png



と、
このブログで容赦ない
を吐き出していたら

取り合えず

死ぬ事は頭から離れて来たようです。

あとちょっと口数も多くなって来ました。
(職場限定)



そう、つまり
何でウチがメンヘラにメンヘラ呼ばわりされにゃいかんねん!

と、

そーゆー気持ちで
半ば
攻撃的

ブログで毒を吐き出すのも
カサンドラ症候群克服のひとつの方法かもしれません。


カサンドラに陥っちゃう人って
基本的に人の気持ちを尊重する優しい人が多いから、

↑ええ、私も(笑)


リアルじゃ絶対云えない事をブログやTwitterてぶちまけてスッキリしましょう。

ポイントは

愚痴なんて生ぬるい書き方じゃなくて
毒舌です。

もー、本人に読まれたら
絶対殺されるってなくらいの勢いで

カサンドラの原因となったパートーナーを叩く。




「えー?でもぉ~、ウチのダンナだってアスペになりたくてなった訳じゃないしぃ~」

そりゃそうだけど

私らだって

なりたくてカサンドラになった訳じゃない。

いわば被害者。


そんな訳で
これからも毒舌を書き散らかします。



御静聴ありがとうございました。

 m(_ _)m



















にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[14回]

entry_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
れのん
性別:
女性
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[05/18 マリアンヌ]
[05/14 マリアンヌ]
[05/10 通りすがり]
[04/19 サリー]
[03/28 みっく]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
P R
plugin_bottom_w.png
Copyright アポロンの呪い by れのん All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]