忍者ブログ

アポロンの呪い

カサンドラ症候群になってしまったみたいです。

entry_top_w.png


【前記事からの続き】

何とか玄関の段差まで辿り着きましたが、そこは段差が15㎝程もあり、レディK子にとっては難関でした。

「私の手のひらに足を乗せちゃってください。そーっと段差まで引き上げますんで。体は倒れない様に片方の手でしっかり支えていますから、痛かったら云ってください」

勿論、彼女は人の手に足を乗せる事を躊躇していましたが、そんな事を気にしている場合ではありません。
この段差さえ乗り越えてしまえば、玄関先の軒に入りますのでこれ以上雨に当たる心配は無くなります。

私のそんな焦りを察知して下さったのか、手のひらに足を乗せて貰えたので難関に思えた15㎝の段差は意外とあっさりとクリア出来ました。

……が、

玄関の中に入って更なる難関があった事に気付き呆然としました。

そうです。玄関の上がり口の段差。
靴を脱いで上がるあの段差です。
私でさえ足をほぼ直角に上げないと上がれないので30㎝ぐらいでしょうか?

当然、誰もいないので家の中は真っ暗です。
玄関の灯りのスイッチの場所を教えて貰ったにも関わらず、心の中ではパニックになっている私には探し当てる事が出来ません。

取り合えずレディK子を段差に座らせて、せめて体をふくタオルでもないか?と、手探りで探してると外で車の音がしました。

……ダンナが帰って来た!

と、思ったのですが、玄関に入って来たのは意外な人物でした。

「……な……なにやってんの?」

そう云ったその人は明け方にならないと帰って来ない筈のレディK子の息子さんのM君でした。

「M君お帰りなさい、丁度良かった!お母さん動けなくなっちゃって」

私がそう云うと、やっとM君は状況が解ったようでした。
無理もありません。
きっと、彼は自分のお母さんが暴漢に襲われてるとでも思ったに違いありませんから。

「Mお帰りなさい、早かったのね、今日は夜勤だからもっと遅くなると思ってたのよ」

「いや、今日は
夜9時には仕事が終わるって云っておいたじゃん。……えっ、お母さん、いつからこの状態なの?Sさんの奥さん(私の事)が来てくれてからどのくらいたったの?」

「ええと4時ぐらいだったかしら?」

……えっ?

「うちのダンナが家を出ようとしたのが8時40分頃だから……私が来たのはたぶん8時45分頃だったと思いますよ」

「それからずっと?」

「ええ、ごめんなさい。傘を取りに行ければ良かったんだけど……お母さんすっかり雨で濡れてしまって、このままじゃ風邪を引くから早く家に上げて着替えさせてあげないと」

「そうですね。お母さん、動ける?頑張って動いてみて」

「ダメ、痛いし怖いのよ」

M君は玄関の灯りを点けると大きな段ボール箱を指差し、

「ほら、いつもみたいに此処につかまって。あとは支えていてあげるから」

そういえば、手探りでタオルを探していたとき、段ボール箱が置いてあるのが気になってたのですが、どうやらレディK子の手すり代わりにわざと置いてあるようでした。

段ボール箱のフチに手をかけた彼女でしたが、そのまま前のめりになり、段ボール箱に顔を突っ込んでしまいました。

やっぱり、雨に濡れて体が冷えたせいで弱ってしまったのかもしれません。

暫く途方に暮れていたM君と私でしたが、外からまた車の音が聞こえて来たのに気付きます。

「あっ!うちのダンナ帰って来た!男の人二人居ればK子さんが痛くない体勢で搬送出来ますよね?呼んで来ます!」

「そうですね、お願いします」

先程、小柄で痩せているレディK子なら、自分一人で抱っこして運べる。と、豪語(心の中で)した私ですが、
ずっとレディK子の身長に合わせて中腰の体制をとって居たため、腰がすっかりダメになっていたのです。

M君が頭を、ダンナが脚の方を持って彼女をベッドまで運び、
私が彼女の体を拭いたり、着替えさせていると

「ああ、手の骨もこんなに変形してしまったわ、嫌ね」

と、私に手を見せて来ます。
私がなんと返していいか考えあぐねていると彼女は


原爆○のね、○○の○が……」

等と云います。
私は最初、
そういえば、もうすぐ原爆が投下された日だな……
しかし、何故イキナリ
原爆なんだろう?
また意識や記憶が混乱してしまったのかもしれないな。

等と呑気に思ってましたが




そういえばレディK子、
九州のご出身だと云っていた。

九州のどこ……?

そういえば年齢は?
ウチのバーサンより一つか二つ若いって聞いた気がする……て事は70代後半……?

その年齢で
もし、九州の
長崎
出身だとしたら……

こんな状態になってるのは
原爆症のせい?

もう70年も経ってるのに。

70年前怖くて辛い思いをして
そのうえ今こんな事になるなんて。

そんな事を考えながら着替えを終え、ダンナとM君の所に行くと

ダンナ
「一応救急車呼んだ方がいいんじゃないか?」

M君
「いえ、病院に行ったって
治る訳じゃないし

などと話してました。

さっきのK子さんの呟きを聞かなければ
M君はなんて酷い息子だ
と、思ったでしょう。

「でも、これ以上悪くならないように出来るかもしれないし」

アスペルガーの旦那にはそんなM君の真意など解る由もなく、しつこく救急車の話をしています。


「着替え終ったんで、あと暖かくしてあげてください」

と、ダンナの話を切り上げさせ、家に帰りました。

家に帰って時計を見ると、10時を回っています。

ダンナに聞くと、ダンナが家に帰って来たのが9時40分ごろ、M君はその5分前だとして9時35分ごろ。

私とレディK子が玄関に入ってM君が帰って来るまでそんなに時間は開いてなかった気がするので
玄関の中に辿り着いたのが9時30分ごろ?

そうすると、レディK子の車のすぐ後ろから玄関まで45分も掛かって移動していたのです。
普通なら30秒でも歩いて行ける距離を です。

で、当然私は中腰の姿勢のまま。

長時間無理な姿勢を取っていられた自分にびっくりですが、

そんな長い間、彼女を雨にあててしまったと思うと申し訳なくなってしまいました。

「風邪ひかなきゃいいんだけど……ところで、K子さんのあの症状、原爆のせいだってアンタは知ってたの?」

「知ってたよ」

…………知ってたら、あの“救急車云々”の話をしつこくするなんで出来ないだろうに。

それとも自分の興味の無いことについては驚く程知識が無いアスペルガーなので
“原爆”が何なのか解っていないとか?

……まさかと思いますが、アスペだったら充分あり得る。

でもまあ、ダンナが見付けたお陰でレディK子は大事に至らずに済んだんだし。あまり深く考えないようにしよう。

至らぬ所も多分にありましたが
人助けが出来て清々しい気分でぐっすり眠れる……と思ったんですが……


今も度々テレビに写し出される
白黒の映像の原爆のキノコ雲
ヒロシマ・ナガサキの惨状。
影だけを残して消えてしまった(蒸発した)人の話。
熱くて我慢出来なくて川の水を飲んだ人は火よりも熱い水に体のなかを焼かれて死んでしまったという話。

子供の頃から繰り返し見せ付けられたその映像や写真や話が
怖くて怖くて仕方無かったのに、
レディK子はその渦中にいたと思うと
なんとも整理のつかない気持ちに支配され眠れなくなってしまいました。

それと

何であの人はそんなに辛い目に遭ったというのに
人に優しく出来るんだろう?
と。

あの雨の中、私の心配ばかりしてくれました。

“人に優しくされると優しさを返したくなる”

アスペに囲まれていたせいか、そんな人間として当たり前の感覚を私は長いこと忘れていた事に気付き、そして今まで人間とは程遠い思考の中で暮らしていた事に驚愕する自分がいる事も確かでした。

それがレディK子の体験した原爆投下時の惨状(あくまでメディアから知り得た乏しい知識と想像によるものでしたが)と重なり、混沌とした思考が巡り、久しぶりに不眠になってしまいました。


※※※※※※※※※※

ここまで書いてゲシュタルト崩壊起こしてしまいました。
こんなに細かく書く必要あったんだろうか?
みたいな。
そもそも私は何を書きたかった(云いたかった)んだろうか?とか。

こんな風にイキナリ無気力になるのもカサンドラの症状のひとつなんでしょうかね?











































































にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[5回]

PR
entry_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
れのん
性別:
女性
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[05/18 マリアンヌ]
[05/14 マリアンヌ]
[05/10 通りすがり]
[04/19 サリー]
[03/28 みっく]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
P R
plugin_bottom_w.png
Copyright アポロンの呪い by れのん All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]