忍者ブログ

アポロンの呪い

カサンドラ症候群になってしまったみたいです。

entry_top_w.png



このブログを立ち上げて、気付けば一年以上経ちました。

以前も書きましたが、カサンドラ症候群はかなり改善されて来ています。

全部キレイさっぱり無くなったと云う訳では無いんでしょうが、とりあえず

低い自己評価は自分で思う限りありません。

もー
アスペは一生アスペなんだから、こっちが何をしても無駄
と、割り切っちゃった所もあるんで、気分的には楽と云えば楽です。

でも、たまに背筋がうすら寒くなるんですよね。

以前もちらっと書きましたが、
私の住んでる地域は
アスペ(と思われる人)が多い。
逆に定型の人の方が少ないんじゃないか?と思えるほど。


更に
職場の人も殆どアスペ
なんで、

仕事してても家帰ってもアスペまみれ

なんですよ。


て、事は
ここに住んでいる限り、私は
マトモな会話を楽しむ事が出来ない。

職場でも家でも

会話は噛み合う事が無い。
質問の答えは返って来ない。
延々と独りよがりな演説を聞かされる。
自分の好きなもの、興味のある事はことごとく否定される。


……訳です。


それが、ハゲと居る限り、いいえ、この土地に居る限り、
一生続くんです。


発狂しない方がどうかしてませんか?



やっぱり離婚しようかな……
面倒だからしないだけで
このまま一緒にいても何のメリットも見出だせないどころか
デメリットしか無い。


そんな事を悶々と考える今日この頃です。














にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[7回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png



久し振りに息子たっくが遊びに来まして、

私と座敷わらしとで色々お出掛けしたり遊んだりしました。
(ハゲは町内会の用事でお出掛けのみ不参加)

カラオケやプリクラ、買い物にお食事、帰宅してから町内の祭り見物、BBQと花火。

座敷わらし、ムッチャ楽しそうでした。
私も楽しかったし。

で、
たっく
「座敷わらしの誕生日プレゼント、何もやれなかったから今日買いに行くよ♪」
と、

更に

たっく
「シルバーアクセ屋でね。オカンとハゲさんの分もね♪俺が全部選ぶよ♪」

おーい。たっく。

オマエ、私と座敷わらしをキュン死させる気か!?

Σ(*゚Д゚*)


自分の為に選んで貰ったアクセサリーなんて、女子(オバサン含む)にとっちゃ、どっかの国の国宝より価値あるものじゃないですか!

(; ゚ ロ゚)

それに、
女の子は20歳になる前に男の親族から銀のアクセサリーをプレゼントされると幸せな結婚が出来る
って云う言い伝えがどっかの外国であるんですが

これ知っちゃったら、座敷わらし嬉しすぎて鼻血出るやん!

※座敷わらしは鼻血が出やすい体質(笑)

で、たっくご贔屓のシルバーアクセブランド店は見つからなかったんですが、



「そーいや、市内にシルバーアクセ屋あるよ」

たっく
「んー、ソコ行ってみようか」


シルバーアクセって言うと、
ガイコツとかゴツい十字架のモチーフのマッチョなデザインのイメージがあって、

店の人も
全身タトゥー入れてる上に鼻ピアスしてる強面のニーサンかネーサンってイメージがあったんですが、

店の人
「イラッシャイマセー♪」

(´・ω・)ノ♪



なんか、優しそうで可愛いオジサン出て来た。

!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚



しかも、後で判ったんですが、外国の人。



商品も
ゴツいものばかりじゃなく、ガーリーなものや、上品なデザインの物も置いてあって、安心しました。

※個人的にはゴツいのが好きなんですが、年齢的にもう合わない。

で、たっくは

座敷わらしには
十字架をモチーフにしたお洒落で可愛いネックレス。

ハゲには
黒い大きめの玉が付いたブレスレット。

を選んでいて、最後に

物凄くガーリーでプリティなピンクのブレスレットを選んでました。


あれ?

十字架ネックレスが私ので
ピンクブレスは座敷わらしのなのかな?

(丿 ̄ο ̄)丿?


どう見てもブレスは十代の女の子じゃないと似合わないぐらい可愛い色味とデザインだし。

(丿 ̄ο ̄)丿?



たっく
「ピンクのブレスがオカンのだから♪」


「 (  Д ) ゚ ゚ 」


ちなみに、こーゆーのです。

 ↓↓↓




   


まあ、私ぐらいの年代の人でも、華奢で女らしい人なら似合わないこともありませんが……


デカイ上にに男っぽい性格と顔の私には
どう転んでも似合わんだろう。コレ



でも、凄く吟味して選んでくれたので、たっくの意図を


①「俺の脳内ではオカンはこーゆーイメージ」

②「こーゆーのが似合うオカンになってちょ♪」

③「あえて絶対自分じゃ選ばないものを……」

④「ウケ狙い」

「嫌がらせ♪」



とか色々考え過ぎてしまう私でした。

(´・ω・`)

でも息子からの初めて(たぶん)のプレゼントなんで大事にします♪


(´▽`*)



※今回、アスペもカサンドラも関係ない話ですいません。









にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[7回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png




実は、私の仕事上の上司もアスペです。

それ関連で今、早出&残業の長時間勤務の物凄くハードな仕事に就かされています。
※上司が私の意見を湾曲して解釈した結果
大の男でも泣いて逃げ出した仕事をいつ倒れるか判らない虚弱体質の更年期ババアに丸投げするとは、本当にアスペは恐ろしいです。

アスペは管理職になるな(怒)



さて、ご存知の通り、
満身創痍疲労困憊で帰宅すると
ウチにもアスペがいるわけです。

で、そのアスペハゲ、
茶の間で高いびきで爆睡してやがる。

もー、両手足縛って濡れた布を顔にかけちゃってもいいですか?

あるいは

無防備に開けた口に殺虫剤噴霧してもいいですか?

……なんて、私の殺意をよそに、目が覚めたアスペハゲは

腹減り過ぎて機嫌が悪い

しかも、

私が帰って来るまでお茶やコーヒーすら自分で煎れようとしない。

ハゲ
「腹減った~、その前にコーヒー!冷たいの!」

脱水症状で死んでしまえばいいのに

トドメに、満身創痍疲労困憊の私にアスペ特有の大演説。しかも例に寄ってテレビの音は大音量。

過労死する前に発狂しそうです。


たまりかねて


「あのさ……私、疲れてるんだけど……」

ハゲ
「俺の方が疲れてる!」


何故アスペって、ソコで張り合うんでしょう?


もう、精神崩壊しそうなので、アスペの居ない世界を想像してみたり。

↓↓↓

定型の上司
「れのんサン、長時間勤務がかなり続いたから、明日あたり通常勤務の現場に移動してもらうよ。」


「えっ……でも、人が居ないんじゃ……?」

定型の上司
「れのんサンが過労で突然倒れたりしたら、お得意様にも迷惑かけるでしょ、そんな事云ってられないよ」

* * *



「ただいまー」

定型のハゲ
「おかえり、冷たいコーヒーあるよ」


「ありがとう(///∇///)」

定型のハゲ
「腹減っちゃったから、ソーメン茹でといた、食べなよ」


「うわ。助かる」

定型のハゲ
「それ食べたら風呂入っちゃいな、俺後でいいから。疲れてるんだろう?」


「ハゲ……」




うう、異世界トリップでもしない限りは
こんな展開夢か妄想で終わりなんですよね……

……(溜め息)





にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[12回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png



今年の冬あたりから、
変な話なんですけど
乳首が痒かったんですよ。

最初は
ズボラな性格が災いして、あせもやしっしんが出来たとか、乾燥肌だからとか
そんな風に考えていたんです。

でもいつも痒いんですよ。
仕事中に掻く訳にもいかないし。

何とか対処法みたいなものはないか?と、ググってみたら

↓↓↓


乳癌になると乳首が痒くなる

って出てるじゃないですか。

Σ(゚ロ゚;)


でも
必ずしもそうとは限らないとも書いてあって

どっちを信用すればいいのか解らない状態に。

そうこうしているうちに

脇のリンパが腫れて来た

 ヒジのリンパも腫れて来た

脚のリンパも腫れて来た(泣)


いや、もう
乳癌だとしたらかなり手遅れなんじゃ……と。


昔から乳癌はある程度の大きさになれば自分で触って解ると云いますし、入浴時に触ってみたら


なんか
シコリある……




……去年の今頃、
「生きるのが辛い」
「生きてたって仕方がない」
「そもそも何で生きてるんだか」

と、カサンドラによる鬱で散々思い悩んでましたが、

カサンドラ症候群や、その原因になったパートナーのアスペルガー症候群について調べまくって、
知識を得る毎に段々生きるのが楽になって来たのにその矢先にコレですか……

トドメに前回の記事にも書いた愛猫の死や
可愛がっていた近所の猫の災難。

「もしかして、私に死期が近づいたから猫達にも不幸が……」

などと思っていて、
病院に行こうと思っていたら

テレビで丁度、某歌舞伎役者の奥様が乳癌になったと云うニュースをやっていたんですよね。

それを見てハゲが一言。

「ふん!贅沢ばっかりしてるから癌になるんだよ!」


…………いや、贅沢関係ないやろ。今、この御時世に。

てか言い替えれば、その理屈でいけば私、ハゲと暮らしていれば癌の可能性皆無じゃん。
(ハゲは髪も金もないので贅沢出来ません)


しかし、この一言で
私が乳癌で入院、手術なんてしたらどんな事を云われるか厭と云うほど思い知らされました。


「だから生命保険入っとけって云ったろ!」
(ハゲのせいで保険料が捻出出来ないんですが?)

「運動しないからだ!」
(運動すれば全て丸くおさまるらしいです。ハゲ理論では)

「(収入が減るので)生活出来ないじゃないか!」
(いや、だから、オマエ世帯主だし男だろ?何とかしろよハゲ)

↑↑↑

……あー

もう手遅れぐらい進行しちゃってたほうがええわ。

そして

化けて出てやるわ。
末代まで祟ってやるわ。


と、意を決して病院に行くことに。


「私、明日病院行ってくるから」

ハゲ
「そう」


「なんで?」とか訊かんの?

「どこか悪いの?」ぐらい云わんの?


まあ、解ってましたけどね。



で、病院行って

リンパの方は時間帯のせいで後日になってしまいましたが、

乳癌のほうは触診で調べて貰いました。


「先生、そこら辺にシコリがあるんですが!」

医者
「これは乳腺ですっ!」


…… (゚Д゚) ……



と、云う訳で
少なくとも触診で解る範囲では乳癌は無しでした。







にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[4回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png



ウチによく遊びに来てた猫がいて、
ご近所の飼い猫なんですが、自分の家より我が家に居る方が多いんじゃないか?って程入り浸っていたんです。

先月末にウチの愛猫を病気で亡くしてからも、遊びに来てくれたんで愛猫の死を引き摺らなくて済んだんです。
愛猫が死んだ時も側にいてくれました。

云わば恩人(恩猫?)です。

その猫なんですが

飼い主の方が

「昨日、山に捨てて来た」

と。




いつも仕事から帰ってから
一緒に玄関に入り、それから夜遅くまでゴハンを食べたり遊んだり寝てたりしてたんです。

それが、昨日に限って、夕方ゴハンを食べた後、何処かへ行ってしまって

すぐ戻ってくるだろう。と思ったらそれっきり。

よそ様の猫ですから、私がとやかく云う権利はありませんが

あのとき私がもっと構ってやれば
もっとウチで引き止めていれば

捨てられなくて済んだのかも……と悔やまれてなりません。

愛猫が死んだ時も泣かなかったのに、
悔しくて泣いているとハゲが
その猫の飼い主さんにその事を云ったらしく

飼い主さん
「何だ、猫が欲しいなら丁度仔猫が居るんで上げますよ?」


そーゆー事じゃねえべ!

!L(゚皿゚メ)」




ハゲ
「せっかくだから貰おうよ~。猫居ないと寂しいだろう?」


だから
そーゆー事じゃねえべ!

L(゚皿゚メ)」




「猫なら何でもいい訳じゃないんだよ?○○ちゃん(捨てられたよその猫)だからゴハンも御馳走したし遊んでもあげたんだよ?」

ハゲ
「あ、○○ちゃんと同じ色の猫が欲しいのか」


オマエを山に捨てていいか?ハゲ!

L(゚皿゚メ)」




……で、何だかんだ云って仔猫を貰って来てしまったハゲ。



いや、今回はハゲの事ばかり怒っている訳でなく



○○ちゃんの飼い主さん、
そんなに猫をゴミのようにポンポン捨てるんなら
仔猫産ませないで、ちゃんと避妊手術して!

てか

飼い主失格!


(怒)






にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村



拍手[4回]

entry_bottom_w.png
<< 前のページ 次のページ >>
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
れのん
性別:
女性
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
[10/18 ねこだす]
[10/16 ねこだす]
[05/18 マリアンヌ]
[05/14 マリアンヌ]
[05/10 通りすがり]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
P R
plugin_bottom_w.png
Copyright アポロンの呪い by れのん All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]